WEBマーケティングの救世主DMP|成果アップナビ

男性

マーケティング対策

IT

スマートフォンやパソコンが普及している今の時代では、WEBマーケティングがとても重要になっています。そこでトレンドとして広まっているのが、DMPです。DMPとは、データマネジメントプラットフォームの略称で、インターネット上のさまざまな情報データを管理するプラットフォームのことを言います。DMPは、オープンとプライベートの2つに分けることができます。オープンDMPは、自社だけでは把握することができない、WEBサイト行動履歴や属性情報を取得できます。それに対して、プライベートDMPは、自社が独自で保有している購買や行動の履歴などのデータと、外部のデータを組み合わせて蓄積するプラットフォームです。

DMPを導入する大きなメリットは、WEBマーケティング対策を効率良く行なえるということです。自社の保有している情報だけでマーケティングするのは難しい、ユーザーに合わせたマーケティングができない、と悩んでいる企業を助けてくれるのがDMPなのです。DMPを導入することで、アクセス解析をしてオーディエンスデータも活用できるのです。そのため、細かい単位でターゲティングをして、さらに効果的なマーケティングを行なうことができるのです。多くの情報を手動で管理するのは大変ですが、DMPを活用すれば、高速で的確に処理をして管理することができます。便利なDMPですが、導入するためには、会社組織全体で対応する必要があるので、注意が必要です。

Copyright© 2016 WEBマーケティングの救世主DMP|成果アップナビ All Rights Reserved.