WEBマーケティングの救世主DMP|成果アップナビ

男性

活用する流れ

システム

DMPでできることはたくさんありますが、その1つがデータ収集です。収集するデータは、ブラウザが持っているcookie情報と会員IDと結びついている顧客情報の2つです。DMPシステムの独自のタグを発行して、それからさまざまなサイトに貼ってもらうことで、cookie情報を集めることができます。顧客情報を収集する場合は、データフィードを活用するのが一般的です。データフィードによって、顧客の基本情報や購買情報を収集しますが、プロモーション用として、メールアドレスや住所も収集します。

DMPを活用する流れとしては、まず自社データと外部データを集めることから始まります。それから収集したデータを、ルール化して統合、管理していきます。大量にデータがある場合でも、分類することによって活用できるデータに変えることができるのです。DMPを導入するメリットは、どのようなデータでも管理をして、分析できるということです。大量にあるデータの中から、使えるデータだけ探すというのはとても手間がかかりますし、時間もかかります。しかし、DMPを利用すれば、一見使えないようなデータも管理して分析することによって、マーケティングに活用できるのです。このような柔軟性があるので、多くの情報があるWEBマーケティングには欠かせないのです。大量のデータを統合できるというメリットはあるのですが、データが多くなりすぎると、結局どういうことなのかわからなくなってしまうこともあります。ある程度の知識があれば、わかりやすく管理することもできるので、DMPを導入するならしっかりと知識をつけることが大切です。

Copyright© 2016 WEBマーケティングの救世主DMP|成果アップナビ All Rights Reserved.